Loading

予約なしの無人化運用を実現! 即時利用も可能なテレワークブース「Massimo-IOT」を 中部国際空港第 1

Direct News Source

株式会社 GoldKey Co.,Ltd(株式会社ゴールドキーカンパニーリミテッド)による中部国際空港での新たな取り組みについてお知らせします。詳細は添付の発表資料をご参照ください。(発表要旨) ㈱ゴールドキーカンパニーリミテッドが、「即時利用」可能なテレワークブース「Massimo-IOT」を中部国際空港第 1 ターミナルに設置。なお、本件は「centrair×スタートアップピッチ 2021」において採択された企業の実証実験です。製品・システムに関する問い合わせは、添付資料に記載の通りですが、「centrair×スタートアップピッチ 2021」に関する問い合わせについては中部国際空港(株)までご連絡ください。(参考)centrair×スタートアップピッチ 2021 について目的: 中部国際空港の諸課題をスタートアップ企業の持つアイデアや技術力を駆使して解決を図る内容: 「お客様の満足度を高めるおもてなしサービス」や「空港をフィールドとした新たなビジネス」など 7つの募集テーマに対する提案について、応募書類とピッチ(プレゼンテーション)を踏まえて選考し、選ばれたスタートアップ企業には中部国際空港をフィールドとした PoC(概念実証)の機会を提供する経緯: 2021 年 9 月 募集を開始、合計 31 社のスタートアップ企業が事業提案2021 年 11 月 1 次審査会を開催し、9 社が 1 次審査を通過2022 年 2 月 2 次審査会を開催2022 年 3 月 3 社のスタートアップ企業を採択 採択企業 3 社の実証実験内容■株式会社 GoldKey Co.,Ltd:ターミナル内へテレワークブースを半年間程度 2 台設置し、事業性確認(本件) ■ 株式会社 NearMe: 移動時間を使った消費体験の向上や深夜早朝の職員送迎等の実現性の検討 ■ 株式会社バカン: 過去データと収集データを解析した駐車台数の予測モデルの構築※各社の取組みについては随時お知らせしてまいります。

Download Files

There are files associated with this article. You can download them below.

You need to be logged in to download files.

This press release was sourced from Nagoya Chubu Centrair International Airport on 31-May-2022.