Loading

新型コロナウイルスの影響に伴う 国内線 路線・便数計画の一部変更について(追加分98

Direct News Source

新型コロナウイルスの影響に伴う 国内線 路線・便数計画の一部変更について(追加分98

  • ・2022年1月27日~2月28日の期間において、3,865便の運休・減便を実施します。
  • ・当該期間における運航率は、コロナ前の計画である2020年度計画比82%となります。
  • ・PCR検査・抗原検査(新型コロナウイルスの検査)をご希望のお客様に対し、ANA国内線のご予約の有無や検査場所などの各種条件にあわせ、3つのサービスをご紹介しています。

新型コロナウイルスの影響に伴う需要動向の変化に鑑み、2022年1月27日~2月28日における国内線一部路線の運休・減便を決定いたしました。ご利用のお客様にはご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 今後も、事態の推移を見極めながら都度適切な対応を図るとともに、すべてのお客様に安心・快適に飛行機をご利用いただけるよう、あらゆるシーンで清潔・衛生的な環境をご提供する取り組み「ANA Care Promiseblank」を推進してまいります。

 PCR検査・抗原検査は、ANA国内線のご予約の有無や検査場所などの各種条件にあわせ、3つのサービスをご紹介しています。帰省前、旅行前、飛行機に搭乗前など、お客様のご都合に合わせてご利用ください。
また、「ANAトラベラーズ あんしんのお守り」では、”緊急医療相談”や、”新型コロナウイルス感染症を発病した場合のお見舞金サービス” をご用意しています。詳細はANAホームページ(PCR・抗原検査blankあんしんのお守りblank)をご覧ください。

 本日の発表内容につきまして、概要は以下のとおりです。
運休・減便・臨時便一覧は、別紙、またはANA ホームページblankをご覧ください。

■本日発表分

■本日発表分を含む運航概要

  • *1コロナ禍になる前の計画と現在の運航を比較するため、運航率は2020年度事業計画比となっています。

■1月27日~2月28日における路線ごとの便数一覧

  • * ANAグループ(ANA/AKX)の機材および乗務員で運航する便を記載しています。
  • * これらの計画は関係当局の認可を前提としています。当日の運航状況により運航機材が変更となる可能性があります。
This press release was sourced from All Nippon Airways on 24-Jan-2022.